閉じる

Large
東京都

ゲッコーパレード出張公演 家を渉る劇vol.1

リンドバークたちの飛行

ゲッコーパレード

2017年10月12日
2017年10月17日
終了済み
  • 公演概要
  • 出演・スタッフ
  • チケット料金
  • 地図・アクセス

1927年、チャールズ・リンドバーグ(1902-1974)はニューヨーク-パリ間、無着陸の大西洋横断飛行を成功させ世界を驚かせた。飛行時間は、33時間29分にも及んだという。そのわずか2年後、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒト(1898-1956)は、このアメリカ人青年の業績に取材し、ラジオ教育劇として一本の戯曲を書き上げた。そして90年の時を経て、6人の演出家が千駄木の洋館で −まるでリンドバーグを大洋の上空で待ち受けた困難の数々のように− 部屋ごとにシーンを用意して待ち受ける。鑑賞者はリンドバークと共に島薗家住宅に飛び立ち、海を越える大冒険にでかける。

2016年12月、埼玉県蕨市の旧加藤家住宅にて「戯曲の棲む家」シリーズ第5弾としてゲッコーパレード版「リンドバークたちの飛行」は初演された。演劇誌『悲劇喜劇』誌上の2016年の演劇シーンを総括する対談でとりあげられるなど、大きな話題となった。
※徳永京子,佐々木敦「演劇シーンの現在地・二〇一六」(『悲劇喜劇』2017年3月号,早川書房 所収)
そんな本作が、「家を渉る劇」として再び演じられる。その舞台となるのは、昭和の洋館・島薗邸。ニューヨーク、パリ、埼玉県蕨市から、東京都文京区へと、劇は渉る。舞台表現集団と建築史家、セノグラファーによる建築と演劇の邂逅を試みる共同企画。これはその第1章である。

【会場】島薗家住宅
国登録有形文化財。島薗邸。生化学者である島薗順雄(1906-1992)の自邸として昭和7年(1932)に建設。設計は銀行建築の名手、建築家・矢部又吉(1888-1951)。表は洋館、その後ろには生活のための和館がつながった、和洋併置の住宅。当初は平屋だったがその後、2階部分が増築され、いまの姿となる。現在は、たてもの応援団の協力により月2回の公開がなされている。

★各回定員10名。
開場は開演の15分前、上演時間は60分を予定しております。
上演中に階段の上り下りなど、室内の移動がございます。予めご了承ください。

【当日券お問い合わせ】
電話:080-3488-4197(制作) メール:geckoparade@gmail.com

  • ベルトルト・ブレヒト
  • 岩淵達治
演出
  • 柴田彩芳
  • 本間志穂
  • 渡辺瑞帆(青年団)
  • 市松(砂と水玉)
  • 古賀彰吾(劇団ドクトペッパズ)
  • 黒田瑞仁
出演
  • 河原舞
  • 崎田ゆかり
  • 林純平
衣装
  • YUMIKA MORI
照明協力
  • 磯野いるか
記録映像
  • 絵空衣音
チラシデザイン
  • 岸本昌也
制作
  • 岡田萌

一般

3,500円

プチ・パトロンチケット

4,500円

高校生以下

500円

蕨市民

1,000円

島薗家住宅主屋(国登録有形文化財)

〒113-0022 東京都文京区千駄木3-3-3

TEL:-