閉じる

Large
東京都

二代目はクリスチャン

9PROJECT

2020年04月08日
2020年04月12日
開催前
  • 公演概要
  • 出演・スタッフ
  • チケット料金
  • 地図・アクセス

9PROJECT vol.12「二代目はクリスチャン」

原作= つかこうへい  脚本・演出= 渡辺和徳
出演=高野愛・熊倉功(BRATS)・相良長仁(北区AKT STAGE)・新澤明日(TEAM JACKPOT)・小川智之・友部康志・岩崎祐也(劇団朱雀)・仲道和樹(劇団PATHOS PACK)・諏訪貴大(劇団現代古典主義)・藤原儀輝

日程=2020年4月8日[水]〜12日[日]
会場=d-倉庫
席種=自由席
料金=一般 3,500円 / 学生 2,500円 (前売当日とも)


ABOUT

つかこうへいの傑作映画を完全舞台化!
ヤクザの二代目を襲名することになったシスター・今日子の女残侠伝!
 「二代目はクリスチャン」は、1985年に「野生時代」に発表された小説。同年、井筒和幸監督、志穂美悦子主演により映画化され大ヒットした。1999年、つかこうへい演出で舞台化されたが、同年の東海村JCO臨界事故を受けて「緊急特別バージョン」に変更。つかこうへいが、初めて原発問題を直接取り上げた作品に生まれ変わった。
 2007年、つかこうへいから作品を託された渡辺が、小説とシナリオ、つかが書きかけていた「北区版」の断片を元に、原作通りのストーリーで舞台化。その後も、後継劇団にて複数回再演されている。
 今回は、12年の時を経ての再挑戦となる。9PROJECTでは「かけおち」「つか版・忠臣蔵」など、映像作品からの舞台化にも挑戦してきている。その経験を経て、脚本、演出共に2007年版よりもさらにパワーアップして、より原作の面白さ、興奮を体感できる舞台となる。
 さらに、今回殺陣をつけるのは、ジャパンアクションエンタープライズの西本良治郎氏。東映、大映作品を中心に、50年以上に渡って、映画・舞台・TV等でアクション監督・殺陣師として活躍されてきた西本氏が、迫力の切り込みシーンを生み出します。
 新たに生まれる新生「オーソドックス・バージョン」にご期待ください!


STORY

赤子の頃、教会に預けられて育てられた、シスター今日子。
真面目で愛情深い彼女だったが、ある土砂降りの雨の日に一人のやくざ者と出会い、恋に落ちたことから運命が変わり始める…。
今日子こそは神戸を取り仕切る極道、神龍組のただ一人の跡取りであり、そしてその父を殺した男こそ、嵐の夜に出会った男・英二であった。
「どうしてこんなに好きになってしまったんでしょうね。でも私は、父を殺したあなたを愛したことを誇りに思いたいのです。主からも「いい恋をしたね」と祝福してもらいたいのです」
組と自分を守るために死んでいったヤクザたちのため、今日子はついに刀を抜く…。

原作
  • つかこうへい
脚本・演出
  • 渡辺和徳
出演
  • 高野愛
  • 熊倉功
  • 相良長仁
  • 新澤明日
  • 小川智之
  • 友部康志
  • 岩崎祐也
  • 仲道和樹
  • 諏訪貴大
  • 藤原儀輝
殺陣
  • 西本良治郎(ジャパンアクションエンタープライズ)

一般 (前売り・当日共)

3,500円

学生(公式サイトのみ)

2,500円

d-倉庫

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F

TEL:03-5811-5399