閉じる

Large
東京都

犬儒派リーディングアクト  朗読公演

『この世界では、ラジオは肉で出来ている』

犬儒派リーディングアクト

2022年09月17日
2022年09月19日
開催前
  • 公演概要
  • 出演・スタッフ
  • チケット料金
  • 地図・アクセス

【犬儒派リーディングアクト】は、役者・アーティストとして活動する天才ナカムラスペシャルが主宰する朗読ユニット。

2020年にステージ4の咽頭がんを宣告され、一時は死の淵をさまよい、声を失いかけながらも、3度の大手術と壮絶な闘病生活を経たのち、奇跡的な復活を果たし、声を取り戻した天才ナカムラスペシャルが、“声で伝える表現”を改めて模索する場として、旧知の仲間らの協力を得て結成。

今回は、今年4月に同会場にて上演された異色の朗読劇を、BrushUP&BlowUPして再上演。
前回はシェイクスピアと宮沢賢治と横溝正史の原作を大胆に解体のうえ換骨奪胎したが、今回はさらに川端康成と谷崎潤一郎の世界観を融合させ、独自の脚色のもと1本の作品として再構築。朗読劇の概念を覆すべく、より演劇的且つ実験的な試みに挑戦。

前回に引き続き、tsumazuki no ishiの宇鉄菊三が出演するほか、新たに下村風香と深水春彩が初参加。

■推薦コメント
**************
昨年秋に、ナカムラさんとアートと落語の会をやりました。半年も経たないうちに彼は魔訶不思議な朗読会を始めて、さらに2回目です。

ナカムラさんが取り戻したのは声だけではありません。表現者の尽きぬ思いです。
どうぞ皆さん見届けてやって下さい。

コント赤信号・小宮孝泰

**************
前回トークゲストでお招きいただいた荒木です。トークでも少し話したかもしれませんが、最初朗読をやると聞いて、実は、、実は少し安直だなと思っていましたが、実際拝見させて頂いて嬉しい裏切りにあい杞憂でした。小道具もしゃれていますし何よりも脚色や演出に抑制が効いていて素晴らしく、演者も生き生きとしていました。
もっとも、喋れる喜びか朗読会の手ごたえかその後のトークショーは天才ナカムラワンマンショーと化していたのは御愛嬌。

それにしても、天才さん。私の苦手なトークショーやこんな文章を書かせないで、俺にも朗読させろよ‼ と言いたくなるくらい、素敵な素敵な朗読会でした。勿論今回も期待大です。

死に直面した人は強いし純粋な面が良く見えます。

映画監督・荒木太郎

**************

原作
  • W・シェイクスピア、宮沢賢治、横溝正史、川端康成、谷崎潤一郎
脚色・構成・演出
  • 天才ナカムラスペシャル
出演
  • 宇鉄菊三
  • 天才ナカムラスペシャル
  • 下村風香
  • 深水春彩

全席自由・要予約

2,500円

アトリエ三軒茶屋

東京都